にった接骨院

夏の想い出 ~お酢編~ 2017/09/06

夏に家族で海に遊びに行きました。

実は、私、海に入るのが人生で三度目にとなります。

理由はないけど好きじゃないので、幼少のころ一度行った記憶がある程度です。

二度目は、20代の頃に誘われて入りました。

しかし、クラゲに刺され、さらに嫌いなりました。

そして、妻、子どもが海に入りたいとの願いから三度目の海に入ることになりました。

 

確かに、景色はキレイです。心が癒されます。

 

妻や子どもが楽しそうにしている姿をビデオカメラで撮影していました。

その時…。

 

足の小指に激痛が!!!!!

 

痛い!! 痛い!! 助けて!!

 

足を上げて見るとシューズを貫通して

 

トゲが6本刺さっている!!

 

何だこれ!!

とにかく浜辺まで引き返そう!!

…息子を背負いながら歩く私…

…揺れる波…

…揺れる波のせいで…

…トゲが揺れる…

 

痛い!!

 

歩く振動と揺れる波が見事なコンビネーションで私の小指を刺激します。

 

そして、スタッフオフィスへ。

シューズに刺さったトゲを抜く私…

 すいません。海の中で何かに刺されて痛いんです。

スタッフ ウニのトゲね。

そういうと一枚のパネルを持ってきました。

うにのトゲが刺さる人がたまにいるようで、対処法が書かれていました。

お水にお酢に入れ、一日30分患部を浸し、2~3日するとトゲは消えるとのこと。

早速、酢水に足を浸してみると…

 

うぉーっ 痛いっ!! 

傷にしみるーーーーっ!!!

 

僕を見守る家族。。

すると娘が一言・・・

 

「トゲが刺さるの、ママじゃなくてよかったね」

 

 

ガーン!!

 

うにのトゲよりも大きなトゲが、私の心に突き刺さりました。

 

痛がる私。

 

爆笑の妻。

 

 

海水浴は早々に終了。。。

一人でふて寝していました。。。

 

 

そして、帰宅後、ドラッグストアで大量のお酢を購入し、

自宅療養になりました。

 

そして~数週間後~

はい。まったく腫れが引きません。

はい。トゲは、まだ体内に残っています。

はい。痛くて靴が履けません。

そのため、TMG宗岡中病院へ行きました。

 

看護婦さんたちも、「え~!ウニのトゲ!?」と、珍しい症例を診に集まってきました。

今までの経緯を説明すると、

外科の先生が

お酢?首をかしげました。

 

お酢にそんな作用ありませんよ。

 

 そんな~。

 

私は、今まで何をやっていたんだ!!

まったく意味のない事に貴重な時を費やしていたなんて。

処方された薬を飲むと数日でスッキリと痛みもなくなりました。

残ったお酢は、ゲンゲ事件(爆笑記事)の時ようにスタッフに配りました。

 

そこで一句…

うにのトゲ 

お酢につけても 

治らない

新田陽介

© 2012 にった接骨院