にった接骨院

体外衝撃波・圧力波 専門治療院 2018/06/17

長年の痛みに挑戦する ショックマスター治療院 開設

にった接骨院では、体外衝撃波・圧力波を用いた、ショックマスター治療院を併設しました。

今までは、体外衝撃波・圧力波治療は整形外科でしか受けられず、

その治療器を導入している病院は、

千葉大学病院をはじめとする、大学病院・総合病院などの大病院が中心で

個人のクリニック・整形外科などでは、さらに数が少なくなかなか受けられない状況がありました。

 

 

にった接骨院では、皆様の治療に役立てたいと、

いち早くこの治療器「ショックマスター」を導入しました。

特に慢性症状に効果が高い治療です

体外衝撃波・圧力波治療は、なかなか治らない長く続く痛み、慢性症状に効果が高い治療です。

石灰沈着性腱板炎 ・腰痛 ・膝の痛み ・ゴルフ肘

テニス肘 ・肉ばなれのリハビリ ・(むちうちなどによる)首の痛み

足底筋膜炎 ・膝蓋腱炎 ・上顆炎 ・坐骨神経痛 ・ジャンパー膝 など

その他、様々な症状に対応しますので、お気軽にご相談ください。

ショックマスターでの治療の流れ

問診をします

痛みが発生した時期、状況、現在の痛みの強さなどをお伺いします。

※症状の診断を整形外科でされている場合、レントゲンをお持ちでしたら、確認させてください。

※以下のような症状がある場合は、体外衝撃波治療をできないことがあります。

□悪性腫瘍
□心臓疾患
□知覚障害
□骨粗鬆症
□発熱
□妊婦や出産直後の女性
□骨髄骨折、捻挫、肉離れなどの急性な痛み
□背骨に異常、湾曲
□安静が必要な場合や顕著な体調不良
□椎間板ヘルニア症
□痛みのある部位に創傷(傷)
□埋め込み型ペースメーカー等の電磁障害の影響を受けやすい医療機器埋め込み
□その他身体に特に違和感がある

※注意

石灰沈着腱板炎の場合、「医師の同意」「レントゲン画像」が必要となります。

医師の同意については、体外衝撃波の治療を受けてよいと口頭であればかまいません。

また、石灰沈着腱板炎と整形外科で診断されている場合、レントゲンを撮っていると思います。

その画像を、確認させてください。

病院のほうから、レントゲンのデータや、コピーをもらっている場合もありますし、

スマートフォンなどで撮影されている方もいるようです。

もし、医師の同意やレントゲン画像がない場合、当院のほうから、整形外科の先生をご紹介することができます。

必要な場合は、エコー観察をします

必要な場合は、当院のエコーにて、患部を観察いたします。

症状により、必要がない場合もあります。

特に、炎症が起きやすい症状の場合、あまりひどい炎症が起きていると治療をお休みする場合があります。

石灰沈着腱板炎の場合には、石灰の位置を確認するため、毎回エコー観察をします。

衝撃波を照射します

問診とエコー観察にて照射位置を特定したら、ショックマスターで衝撃波を照射していきます。

  

照射にあたり、チクチクとしたわずかな痛みが伴います。

照射時間は、1部位当たり、数か所で7-8分程度です。

一連の治療はそれで終了です。

週に、たった一度の治療です。

次回の治療は一週間後です。

一週間に一度の定期的な治療を行います。

部位や症状により、完治までの治療回数は異なりますが、4回前後の方が多いです。

お帰りの際、次回の施術日を確認させていただきます。

料金が明瞭で安心です。

健康保険の適用外の治療になりますが、料金が明瞭で安心です。

 

通常治療(1部位)(エコー観察が必要であれば+500円です)

初診料 3000円

2回目以降 2500円

  ※石灰沈着腱板炎のみ料金が異なります。初診料 3500円 2回目以降 3000円(エコー代含む)

  ※2か所同時に治療も可能です。料金はお問い合わせください。

 

長年続いた痛みが解消され、皆様が安心して生活がおくれるよう、がんばります。

 

© 2012 にった接骨院