にった接骨院

ほねつぎの技術:手首の骨折 2019/02/08

埼玉県志木市中宗岡 にった接骨院 新田です。

左の手首を骨折した、小学生の症例です。

跳び箱から転落して、手をついた時にけがをしてしまいました。

まずはレントゲンをご覧ください。

 
画像左側の細い骨を尺骨、右の太い骨を橈骨と言います。

両方とも一度に折れてしまいました。

横からも見てみましょう。

  

しっかりと折れてしまっています。

このような骨折の場合、どのぐらいの治療期間がかかるのでしょうか。

超音波骨折治療器「オステオトロン」をかけ、固定を行いました。
2週間後には固定も除去でき、さらに1週間「オステオトロン」での施術をしました。
合計3週間で骨がしっかりとくっつき、徐々にスポーツにも復帰ができました。

超音波骨折治療器を使用しない場合、1カ月程度の固定が必要となり、それからのリハビリとなります。

超音波骨折治療器での積極治療により、早期完治が可能になります。
骨が付くのが早いほど、筋肉が落ちるのも防ぐことができ、日常生活やスポーツへの復帰も早くなります。

埼玉県志木市宗岡のにった接骨院 拡散型圧力波治療器ショックマスター治療院併設
骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、腰痛、成長痛、交通事故、スポーツの怪我など、午前6時50分から午後7時30分まで受付。
最新治療機器、エコー完備。石灰沈着腱板炎や足底筋膜炎の治療で話題の圧力波治療器、ショックマスター治療院併設。
#埼玉 #志木 #宗岡 #接骨院 #骨折 #脱臼 #捻挫 #肉離れ #腰痛 #成長痛 #交通事故 #スポーツ #怪我 #早朝受付 #夜間受付 #最新 #治療器 #エコー #石灰沈着腱板炎 #足底筋膜炎 #治療 #話題 #圧力波 #ショックマスター
© 2012 にった接骨院