にった接骨院

中村、訓練をはじめる。 2018/12/25

埼玉県志木市中宗岡 にった接骨院 中村です。

柔道整復師になり、初めての冬がやってきます。

にった接骨院では、冬になると、休院日を利用してスキー場の救護室での活動を行っています。
ここにきて、様々な技術や治療法を学びつつ、実践を続ける日々ですが、
スキー場に行くことになると、またさらなる技術の向上に努めなければなりません。
現在訓練をしているのは鎖骨骨折についてです。
スキー場でのけがで、最も多いのがこの骨折だそうです。
包帯固定などの処置をし、近隣の病院または、症状によりご自宅近くの病院に行ってもらうことになります。
応急処置となるので、その場にある器具などを用い、
患者様の痛みをなるべく和らげる固定方法などについて、学んでいます。
また、このような応急処置の場合、大切になるのは処置そのものだけではなく、
処置に入る前の服の脱がせ方なども訓練をします。
患部を出来る限り動かさないように、服を脱がせるのがポイントです。
袖を抜くのがなかなか難しいのですが、これができるようになってこそ、少しでもスキー場で役に立てるのです。
新田先生にいつも言われているのは、
「現場に行って学ぶのではなく、現場は学んできたことを実践する場」ということです。
スキー場に行くまでに、より多くの技術を習得し、本番では役に立てるように頑張ります。
埼玉県志木市宗岡のにった接骨院 拡散型圧力波治療器ショックマスター治療院併設
骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、腰痛、成長痛、交通事故、スポーツの怪我など、午前6時50分から午後7時30分まで受付。最新治療機器、エコー完備。石灰沈着腱板炎や足底筋膜炎の治療で話題の圧力波治療器、ショックマスター治療院併設。
#埼玉 #志木 #宗岡 #接骨院 #骨折 #脱臼 #捻挫 #肉離れ #腰痛 #成長痛 #交通事故 #スポーツ #怪我 #早朝受付 #夜間受付 #最新 #治療器 #エコー #石灰沈着腱板炎 #足底筋膜炎 #治療 #話題 #圧力波 #ショックマスター #スキー #救護 #レスキュー #応急処置
© 2012 にった接骨院