にった接骨院

最新医療機器の勉強会に参加しました 2018/10/13

 

先日、院がお休みの日に、最新医療機器の勉強会に行ってきました。

お世話になっている伊藤超短波さんです。

創業者は1916年、社長兼技師として、日本で初の交流式レントゲンの開発を行っていました。

患者様を治療することを常に考え続けた精神に共感をします。

展示のコーナーには、電気治療器の発展の歴史が並んでいます。

1960年の低周波治療器。

遡ると、1936年には家庭用の電気治療器なども登場しています。

さらにさかのぼると1920年には、最初の電気治療器が登場しており、活躍しています。

治療器は日々進化しています。

私たちも常に勉強をしていき、この機能を十分にみなさんが享受できるようにしたいと思っております。

伊藤超短波の機器を使用しているのは、世界の名だたる選手たちです。

たくさんのサインが飾られています。

新しい機器の展示かな…と近寄ってみると、

これも、すごい。カズだ。

サッカー日本代表みんなのサイン

野球の日本代表・侍ジャパンのサインもありました。
岩隈選手と田中まーくんですね!!
EXILEも使っているんですね。
アスリートですよね。あのダンスは。
そして、ネイマール!世界ですね!世界!
当院でも、この名アスリートたちが使っている機器を常備し
治療に使用しています。
スタッフ一同、常に患者様の痛みや怪我に最大限対応できるように頑張っています。
今後ともよろしくお願いいたします。
埼玉県志木市宗岡のにった接骨院
骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、腰痛、成長痛、交通事故、スポーツの怪我など、午前6時50分から午後7時30分まで受付。
最新治療機器、エコー完備。石灰沈着腱板炎や足底筋膜炎の治療で話題の圧力波治療器、ショックマスター治療院併設。
#埼玉 #志木 #宗岡 #接骨院 #骨折 #脱臼 #捻挫 #肉離れ #腰痛 #成長痛 #交通事故 #スポーツ #怪我 #早朝受付 #夜間受付 #最新 #治療器 #エコー #石灰沈着腱板炎 #足底筋膜炎 #治療 #話題 #圧力波 #ショックマスタ

 

 

 

© 2012 にった接骨院