にった接骨院

足底筋膜炎「足底筋膜炎の場合、足裏のどこが痛くなるの?」 2018/06/22

原因不明の足の裏の痛み。どこが痛いかで病状がわかる。

原因に心当たりのない足の裏の痛みでお悩みの方。

痛みの場所はどこですか?

足の裏の痛む場所によって、症状が違い、治療法も変わってきます。

足底筋膜炎であれば、にった接骨院には衝撃波治療という効果の高い方法が使えます。

まずは、自分の痛みの場所をチェックしてみてくださいね。

足裏のトラブルの早期解決は、原因を突き止めること

足裏の痛みで、比較的多い症状は4つあります。

以下をチェックして、あなたの痛みはどのタイプか確認してみてください。

 

タイプ1:土踏まずが痛い

→偏平足の可能性があります。

 

 

 

タイプ2:指の付け根が痛い

(ジンジンとした痛みがある)

→中足骨骨頭痛の可能性があります。

 

 

 

 

タイプ3:指と指の付け根の間が痛い

(ピリッとした痛みがある)

→モートン病の可能性があります。

 

タイプ4:足の裏が痛い

(土踏まずから踵にかけて)

→足底筋膜炎の可能性があります。

 

にった接骨院に、足の裏の痛みでいらっしゃる患者様で

一番多いのがこのタイプです。

 

足底筋膜炎の場合、にった接骨院では

体外衝撃波治療器「ショックマスター」で

治療を行うことができます。

 

 

 

自分の足の裏の痛みを自覚したら、にった接骨院に是非ご相談ください

© 2012 にった接骨院