にった接骨院

小・中学生の【膝の痛み】に要注意! 2016/11/22

当院に来院される、小・中学生に多く見られる【膝の痛み】について

 

スポーツをしている小・中学生が膝蓋骨の下部(※)に痛みを訴える場合、シンディング・ラルセン・ヨハンソン病を疑う必要があります。

にった接骨院では、まずエコーで痛みが出る場所を検査します。

52

すると…

 

img143-2

 

上記のように骨が離れて開いているのが分かります。これが痛みの原因なのです。

膝蓋骨(しつがいこつ※)が離れて開いてしまうと、階段の昇り降りの際や屈伸時、運動時に痛みが出ます。

運動制限を必要とし、痛みが無くなるまでに半年程かかる場合もあります。

 

%e3%81%b2%e3%81%96%e5%86%99%e7%9c%9f

※膝蓋骨(しつがいこつ)の下部↑

 

自己判断で、痛みを放置しないことが重要!

ここで大切なのは、症状が軽い時点で治療を始める事です。

にった接骨院に来院される患者様でも、痛みが出てからしばらく我慢をして、様子を見てから来院される方が多く見受けられます。

痛みは身体のSOS!

膝のお皿付近に痛みが出たら、出来るだけ早く、にった接骨院へご相談ください。

大切なお子様の大切なお身体、にった接骨院が全力で治療させて頂きます!

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

にった接骨院

新田 陽介

© 2012 にった接骨院