にった接骨院

ご年配の方に非常に多い手首の骨折 2019/04/16

埼玉県志木市中宗岡 にった接骨院 新田です。

今日は、ご年配の方に非常に多い骨折の症例です。

 

日常生活で転倒して手をついた際に、手首を骨折してしまうのです。

以下のしるしをつけた場所です。

このような場合、当院ではまずエコー観察をします。

横に伸びている白い線が手首の骨です。

中央で途切れ、ずれているのが分かります。

下記に図示してみました。赤い線が骨、黄色の矢印がずれているところです。

 

このようにエコーにて骨折が判明した場合、提携の整形外科に紹介状を書きます。

整形外科にてレントゲンを撮影し、骨折の詳細な状態を確認してから、当院にて、超音波骨折治療器「オステオトロン」をかけ、固定を行います。

この時の骨折の場合、3週間で固定を外し、あと3週間のリハビリで、依然と変わらない動きができるようになりました。

 

転倒した場合、当院にいらしていただくのはもちろんですが、まず転倒しないように日常生活でご注意ください。

けがにより失うものは、「予定」だと考えています。

「大事な試合に出たい」
「約束していた家族旅行に行きたい」
「仕事を思うようにすることができない」

けがを負わなければ、実行されていたであろう「予定」があり、
けがをした今でも叶えたい「予定」があります。

だからこそ、私たちの使命は、患者さまの叶えたい「予定」と向き合い、
その「予定を実行させる」ことだと思っています。

けがを負ったことにより、失われた予定を取り戻し、
笑顔のある生活を送ってもらいたいと思っています。

にった接骨院 院長 新田 陽介

埼玉県志木市宗岡のにった接骨院 拡散型圧力波治療器ショックマスター治療院併設
© 2012 にった接骨院