にった接骨院

ほねつぎの技術:指の脱臼 2018/12/17

埼玉県志木市中宗岡 にった接骨院 新田です。

ご自宅で転んで指が痛いと来院された患者様のケースです。

指を見てみると、中指に明らかに変形が見られました。

中指が曲がってしまっているのがわかりますか?

これが指の脱臼です。

 

指は、3つの骨から構成されています。

以下の図をご覧ください。

上が正常な骨です。3つの骨が直線状に並んでいます。

しかし、今回の脱臼の場合、指先からの衝撃で、1,2の骨が、3の骨の上にずれてしまったのです。

関節がずれるこのような症状を「脱臼」と言います。

「脱臼」でずれた関節を元に戻す作業を「整復」を行いました。

以下の写真は、整復後の写真です。

先程曲がっていた部分がまっすぐになっているのが分かります。

上から見ても、明らかです。

エコーで観察してみましょう。

以下の画像は、脱臼の状態です。赤の矢印の分だけ、骨がずれています。

整復後はずれた点がぴったりと接合しています。(赤●の部分が接合部分)

整復後、固定をし、経過を観察していきます。

痛みは軽減しますが、骨の周囲の組織などが破損している為、

その後、しっかりと状態を確認して治療していくことが大事です。

 

埼玉県志木市宗岡のにった接骨院 拡散型圧力波治療器ショックマスター治療院併設
骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、腰痛、成長痛、交通事故、スポーツの怪我など、午前6時50分から午後7時30分まで受付。
最新治療機器、エコー完備。石灰沈着腱板炎や足底筋膜炎の治療で話題の圧力波治療器、ショックマスター治療院併設。
#埼玉 #志木 #宗岡 #接骨院 #骨折 #脱臼 #捻挫 #肉離れ #腰痛 #成長痛 #交通事故 #スポーツ #怪我 #早朝受付 #夜間受付 #最新 #治療器 #エコー #石灰沈着腱板炎 #足底筋膜炎 #治療 #話題 #圧力波 #ショックマスター
© 2012 にった接骨院