にった接骨院

膝が痛い1「有痛性膝蓋骨分離症」 2018/07/02

膝のお皿の上方が痛くなる有痛性膝蓋骨分離症

有痛性膝蓋骨分離症とは、分裂した膝蓋骨が痛む疾患です。

膝蓋骨は通常はひとつですが、それが分裂してしまうと「分裂膝蓋骨」と呼びます。

生まれつき分裂している場合もあり、痛みが伴わなければ、特に問題はありません。

しかし、痛みが伴う場合は「有痛性膝蓋骨分離症」と呼びます。

 

有痛性膝蓋骨分離症の原因

激しいスポーツやトレーニングを行った際に、

膝蓋骨の分裂した部分に大きな負担がかかることで炎症が発生します。

激しい運動で膝蓋骨についている大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)に強い力がかかる事が主な要因です。

また、転んだりして怪我をすると、それが引き金となり痛みが出てくることもあります。

 

有痛性膝蓋骨分離症を観察する

有痛性膝蓋骨分離症の場合、膝の以下赤印●の部分に痛みが出ます。

膝のお皿(膝蓋骨)の上部です。

外側の場合と、内側の場合があります。

エコー観察で、痛みの出ている部分を確認します。

有痛性膝蓋骨分離症の治療

にった接骨院では、有痛性膝蓋骨分離症だった場合、

痛みの出ているところにマイオパルスなどの電療を行い、

適切な腿のストレッチを行っていきます。

有痛性膝蓋骨分離症になりやすいスポーツ

・野球
・バスケットボール
・サッカー
・バレーボール
・陸上競技

急激なダッシュや急停止などを繰り返す、

太ももの筋肉(大腿四頭筋)に負担をかけるスポーツで発症することが多いです。

 

お子さんがひざが痛いと言ったら、まずにった接骨院にご相談くださいね。

#さいたま #接骨院 #志木 #宗岡 #けが #痛い #スポーツ #子ども #サッカー #野球 #テニス #膝 #ヒザ #成長痛 #スポーツ障害

© 2012 にった接骨院